振袖に種類があるの知ってる?

振袖に種類があるの知ってる?

さて。。。

着物には、色んな種類がありますが

ここでは、振袖について

お話しましょう。



振袖とは。。。

恐らく皆さんが思い描いている

振袖は一般的に成人式で見る

「中振袖」だと思います。

 

中振袖は、袖丈が長く

足首より少し上くらいまであります。

長さは100cm前後。

引きずることはありませんが、

袖が長いイメージがあります。

その分だけ、柄が多くデザイン

されていて華やかな印象です。

 

中振袖は成人式や結納、

結婚式の参列の際に着用されます。



そして、

卒業式に着用したりするのは

二尺振袖と言われる振袖です。

 

「二尺袖」という名の通り、

袖丈が二尺=76cm前後の振袖です。

 

また、二尺振袖は「小振袖」と

本来は呼びます。

小振袖は卒業式の日に袴に合わせる着物で

また、カジュアルに着られる

二尺振袖は可愛くて人気ですね。



大振袖は、昔。

結納や結婚式など婚礼の場着用されていました。

その名残りは今でもあり、現代では結婚式のお色

直しとして着用されています。

 

大振袖は、袖丈114cm前後です。

大振袖が中でも一番格式が高い振袖なんです。

これは、特別なものなので

一般的には、あまり見ないです。

でも、これを知ってると

鼻高さんですよ(笑)



そんな訳で。。。

 

愛和服で着ていただけるのが

二尺振袖(小振袖)と中振袖です。

 

是非、ご来店の際は

手にとってご覧くださいね。

素敵に変身のお手伝い

喜んでお受け致しますよ。