湯帷子(ゆかたびら)と浴衣

湯帷子(ゆかたびら)と浴衣


 

では。。。

 

今回のお題は、浴衣について

書いてみようと思います。

 

まずは、浴衣とは…

前回のブログでも触れましたが

『衣は夏に着る薄手の着物』

『昔の浴衣の使用用途は寝巻パジャマ代り』

 

 

ほお…?

 

少し前の昔は浴衣が寝巻代りだったみたく

時代により用途が変わってきたようです。

そこで浴衣の歴史について

紐解いて行きましょう。

 



 

浴衣の始まりは平安時代です。

 

浴衣の起源は平安時代の

『湯帷子(ゆかたびら)』であるとされています。

帷子(かたびら)とは夏に着る麻の着物のことで

湯帷子とは貴族が蒸し風呂に入る時に着たのが麻の着物です。

※ 現在でいうサウナのようなもの

 

当時は、綿は高級品だった為

麻素材が一般的だったようです。

 



 

水蒸気でやけどをしないよう、

また自分の裸を隠す為とか。

汗を取るためでもあるとかの理由で

着用されていました。

当時の入浴とは宗教的なもので、日常的には行われてなく

汗取りのための湯上り衣でした。

 

安土桃山時代になると

風通しが良く汗をよく吸う湯帷子は

入浴後に着られるように変化していきます。

 



 

⬆️ ⬆️ ⬆️

現在で言うバスローブやタオルのような役割になるのでしょうか。

 

そして、江戸時代では

庶民も浴衣を着るようになります。

ここで宗教的に体を清める目的とは違う

『湯屋』(銭湯)が登場します。

そこから庶民も手軽にお風呂を楽しめるようになりました。

 

この頃、綿の栽培が成功。

湯帷子の生地も麻から綿に変わりました。

天保の改革で庶民は絹織物が

贅沢品として着用を禁じられたので

木綿の浴衣が広く用いられるようになりました。

湯上がり着としての湯帷子は

次第に『ゆかた(浴衣)』と略して

呼ばれるようになったと言われています。

浴衣は、江戸時代後期から明治時代にかけて

最も着用されていた時代だったのです。

明治時代には、浴衣は夏の普段着として定着しました。

現代では夏の風物詩として

盆踊りや夏祭りの時にファッション目的として

浴衣を着用することがほとんどとなっていますね。

 

そうそう…

 

旅館やホテルに宿泊した際の

寝間着や部屋着として着用する浴衣。

 



 

旅館では館内着や周辺への外出着として使用されることが多いですが

ホテルの場合はあくまでも部屋着や寝間着の役割なので

外出時の着用が禁止されていることが多いです。

 

普通に(笑)バスローブで外出しようって思わないですよね。

 



 

なかなか浴衣ひとつでも

知れば知るほど奥深いです。

 

 

入浴中に着るものであった湯帷子。

現在では、普段着として

浴衣を着用することはなくなりましたが

夏のお祭りの時期や夏のお出かけに

浴衣を着て楽しんでいただければと思います。

 

 

でも(笑)今の時期に浴衣は着れません。

暑い季節は、もう少し先ですから…

 

 

※ 画像をいくつかお借りしました。ありがとうございます。