着物の衿ってどんなもの?

着物の衿ってどんなもの?

さて。。。

 

簡単に説明しますと

着物の衿を防ぐ実用的なのが

半衿にあたります。

 

 

半衿って?

どんなものでしょうか。



半衿は、長さが1~1.1m

幅は15cm程の1枚布です。

 

メイクなどで汚れやすい

着物の衿の汚れを防ぐもので

長襦袢の衿に縫い付けて使います。

顔まわりを囲む半衿は、

着物とのコーデと顔映りとの

バランスを考えながら美しい

取り合わせを考えます。



成人式で着る振袖などには

刺しゅうを施したものや

様々な色柄物など楽しいものが

たくさんありますよね。

 

しかし、もともと半衿は

汚れ防止が前提でしたから

半衿が誕生した初期のころは、

色は黒で汚れが目立たない様に

なっていたんです。

半衿が着物のおしゃれとして

人気が出たのは、明治以後と言われています。

大正から昭和時代初期にかけ、

さまざまに趣向を凝らした半衿が登場するように

なったようです。



※  画像お借りいたしました。

 

 

また、

 

ぐっとさかのぼって江戸時代。

江戸の処女は、緋色(赤)の半衿で

材質は鹿の子や絞り、ちりめんの

無地を用いてました。

当時の上方(京都方面)では、

それに合わせて緋ちりめんに

金糸で網とか麻の葉などの刺繍を

したものだったとか…

 

結婚すると緋色の半衿をはずし

紫や黒などに付け替えをしていました。

 

現在でも京都では、

舞妓さんが1人前の芸者になるとき

『衿替え』と言う儀式を行うのも

当時の習慣を継承したもののようです。

 

 

続いて参りましょう。

またまた今度は、

 

重ね衿って?

どんなものでしょうか。



重ね衿(伊達衿)は、

着物を重ねているように見せて

色の重なりを楽しむ為のものです。

 

重ね衿は、伊達衿とも言います。

長さ1.2~1.3m前後

幅が10~12cm程の裏地付きの

二重仕立ての布です。



着物の衿に直接重ねて、何枚か

着物を重ね着しているように

見せるために使います。

重ね衿を付けると、とても

着物の胸元が華やかになります。

重ね衿は、半衿と異なり

必ずしも必要なものではなく

着物で色合わせを重ねて楽しむ

装飾的な用途に使う小物ですね。

いかがでしたか?

 

使い分けがむずかしい

「おしゃれにも役立つけれど汚れ防止のための

衿」である半衿と

「純粋にオシャレのための衿」である重ね衿。

似ているようで、似てない。

このようにはっきりと違いがありました。



是非、着物を着るなら

半衿と重ね衿を着物コーデを

楽しむ小物として

 

どんどん活用して行きたいですね。