秋の単衣(ひとえ)着物

秋の単衣(ひとえ)着物


 

そんな訳で今回は

秋の単衣着物についてのお話です。

 

 

 

ざっくりと。。。

 

裏地の付いている着物を袷(あわせ)

裏地の付いていない着物を単衣(ひとえ)

このように言います。

 

9月に入ると

時期的には透けない生地の単の着物を着るもの。

平安時代以降の衣替えの習慣から

着物には衣替えと言うルールがあるんです。

 

 

まったく…

暑いのに困ります(笑)

 



 

あくまでも昔からの決まりごとではありますが

 

1年のうち、単衣は6月と9月に

着る物とされています。

 

着物の基準として

オシャレは季節の先取りは良いようで

暑くなる6月は薄い涼しげな色が好まれ

涼しくなる9月は濃く暗めの色が着られます。

 

特に9月の単衣をお召しになるなら

9月1日から9月30日くらいまでが良いでしょう。

 

 

でもね。

 

現代の気候では、暑い季節も大変。

これも着物には決まりごとがあるんだと

知ってて下さいね。

 

ここで夏に散々着た浴衣と

単(ひとえ)の着物の違いが分かると思います。

浴衣は夏の衣服でカジュアルな着物の仲間です。

 

浴衣と着物の違いって

襦袢(じゅばん)を着るかどうかなんです。

着物の下に着る物でも

着物から見えている衿元の「半衿(はんえり)」が

縫い付けられていて着物の下に着ます。

袖の袂からもちらりと見えるので

隠れたお洒落としても楽しめたりします。

 

だからこそ単(ひとえ)の着物は

お洒落なお出かけ着なんですね。

是非、涼しくなるこれからの時期に

着物でお出かけオススメします。

 



 

さて、

 

夏に浴衣デビューしたら

着物が着たくなったと言う方が

いらっしゃるかと思いますが…

 

かと言ってどうしたらいいのやら。

みたいなことを考えてるそこのあなた(笑)

 

自分で着るにはハードル高い訳で

でも着せて貰えるなら

ハードルも低くなると思いませんか?

 

あなたの難題も

スッキリ解消出来るはずです。

ご予約お待ちしております。

 

 

着物レンタル・浴衣レンタルのご予約はこちらから
➡️ http://aiwafuku.com/reservation/