巾着を結んでみましょう!

巾着を結んでみましょう!

 

さて。。。

まだまだ寒暖差があるこの時期ですが

言ってる間に(笑)暑く感じる季節になるんですもんね。

かと言ってまだ浴衣は早すぎます。

 

外国の方が浴衣と着物の違いが分からないことが

よく話で聞くことがあります。

着る時期も意味も日本の文化を正しく知ることは大事なことなんです。

洋服だと衣替えがありますよね。

 

着物にもあります。

日本古来からの衣服ですから…

 

簡単に説明すると

春➡️袷の着物 4月、5月→袷の着物

6月 単の着物

夏➡️単の着物 7月、8月→単の夏着物

7月、8月→浴衣

秋➡️袷の着物 9月 単の着物

10月 袷の着物

冬➡️袷の着物 11月〜3月 袷の着物

 

そして、

浴衣は夏に着る薄手の着物で

昔の浴衣の使用用途は寝巻パジャマ代りでしたが

現代では夏の遊び着として着られています。

やはり、最も暑い時期に着る浴衣ですから

4月5月や9月10月に着るなんて

季節外れで日本人であれば可笑く感じるハズです。

どこかの着物レンタルで3月?4月?に

浴衣を着せていたと聞いています。

 

いくら外国の方が分からないからとは言え

これは彼らに対して失礼なことだと思います。

ちゃんと着物と言うジャンルで

ここにはルールが存在することを知っていただきたいです。

 

。。。とまあ(笑)

 

硬い話をしてしまいましたが

折角、日本の素晴らしく美しい着物を

着ていただくのですから

少しくらいはお付き合いくださいませ。

そこで、ある事に気付きました。

 



 

着物や浴衣を着た時に

小さなバッグを皆さんお持ちになられます。

 

特に巾着タイプのもので紐が長いですよね。

どうやって持てばいいのか…

まず以下の画像で巾着が写ってます。

 

 

どれが正しい持ち方か分かりますか?

 



 

正解は②です。

 



 

①はトートバッグのような持ち方で

確かに使いやすそうではあります。

でも中身が落ちてしまいそうですね。

 

③は巾着の口が締まってて巾着の中の物を

落とす心配は無さそうですが…

長過ぎる紐がだらしなく見えます。

 

 

そんな訳で正解の②の

正しい結び方が⬇️⬇️こちら⬇️⬇️

 



 

紐を結ぶ時のポイントとして

紐の玉結びを外側に持つことです。

この玉結びが巾着のストッパーになります。

 

 

先ほどの⬆️イラスト解説でお分りいただけたと思いますが

男性用の巾着も結び方は同じです。

巾着の造りで紐が短い場合はそのまま口を締めてください。

程よい紐の長さがあれば

以下の様に結んでいただければ良いと思います。

 

 

 

はい! もう一度行ってみましょう(笑)

 



 

持ち方はこのように…⬇️

 

 



 

いかがでしたか?

 

今度、巾着をお持ちになる時

是非この正しい結び方で

お出かけしてみてくださいね。

 

着物レンタル・浴衣レンタルのご予約はこちらから
→ http://aiwafuku.com/reservation/