日本のお祝いの風習、七五三とは何?

日本のお祝いの風習、七五三とは何?


 

秋の時期に、日本で行われるお祝いの行事があります。

今まで浅草愛和服での取り扱いがありませんでしたが

今年より『七五三』のお衣装を揃えさせていただきました。

 

 

 

そこで『七五三』とは何ぞやと?

 

 

簡単に説明しますと

子供が三歳、五歳、七歳になった年の

11月15日にお祝いするのが慣例となっているのです。

しかし、何故、11月15日にお祝いするんでしょう?

これだけ、大々的に知られてお祝いしてるのに

意味を知ってる方は少ないかもしれません。

 

 

 

そこで、七五三の起源や由来について

お話して行きたいと思います。

 



 

七五三の起源は。。。時は平安の頃、

3歳の男女が生まれてから剃っていた髪を伸ばし始める

『髪置きの儀(かみおきのぎ)』がありました。

そして5~7歳になると初めてを身につける

『袴着の儀(はかまぎのぎ)』あるいは

『着袴の儀(ちゃっこのぎ)』という儀式がありました。

最近では秋篠宮悠仁親王もこの儀式をされたのが

記憶に新しいかと思います。

 

 

また、鎌倉時代には着物を着る際に

紐ではなく帯を結ぶようになることをお祝いする

『帯解の儀(おびときのぎ)』という儀式が執り行われており

 

 

江戸時代になると

髪置きの儀が男女における3歳のお祝いになり

袴着の儀が男の子のみの風習として制定されました。

 

帯解の儀は室町時代では男女ともに9歳で行われていたようですが

江戸時代末期から男の子は5歳、女の子は7歳に変わりました。

 

 

江戸時代には武家や裕福な商人たちの間で行われており

明治時代にはこれらの3つの儀式をまとめて『七五三』と呼ぶようになりました。

11月15日に七五三のお祝いをする始まりは

徳川家光が自身の子供である

後の徳川綱吉の健康のお祈りをした日がきっかけとなったとかで

その後元気に育ったことから

七五三をお祝いする日として定められたという経緯があります。

 

 

 

医療が発達していなかった時代では幼い子の死亡率がとても高く

「7歳までは神の子」と言われていました。

当時は7歳まで元気に成長することが当たり前ではありませんでした。

成長に伴い特に病気になりやすい年齢であると考えられていたため、

子供の健やかな成長をお祈りするための行事として

七五三の儀式が行われていたんですね。

 

 

 

その名残りで現代でも七五三の儀式が行われているのです。

 



 

ここで知っておいて欲しいのが

七五三では男の子と女の子で、お祝いをする年齢が異なることです。

3歳では男女ともにお祝いを行いますが

5歳では男の子だけで7歳は女の子だけがお祝いを行うと決められています。

 

 

。。。とここまで七五三についてのお話でした。

日本の長い歴史の中に

現代に通じる由来や起源があるんですね。

そう思うと深いですね。

 

 

 

 

💖💖💖

10月より一部店舗にて

七五三のお衣装レンタル可能になります。

お問い合わせございましたら

お気軽にスタッフにお尋ねくださいませ。

 

 

 

 着物レンタル・浴衣レンタルのご予約はこちらから
➡️ http://aiwafuku.com/reservation/

 

 

※ 画像いくつかお借りしました。ありがとうございます。